伊助のよもやま話


会長

人と食欲

食べなきゃ生きていけない。生きていく上で何が一番欲しいかと言ったら、お金が一 番です。
そのお金を何に使うかといったら、先ず食欲を満たすことになる。
「腹が減ったら戦は出来ぬ」と言う昔からの格言があるように、食べることは大切だ。
その食料として、筍ではなく竹を食べるとなると驚く。青竹を微粉にして鶏の餌にしてみると、それが成功した。次に豚に与えてみると、これも先ず成功となった。これらのデータは業界新聞に詳しく出ている。少しは驚いたが、私には納得がいった。
なぜなら、パンダの主食は竹である。また、藪に竹の子が生えている間は、野生のイノシシ、鹿、猿たちが食べに来る。きっとおいしいのでしょう。
研究が進み、竹の粉が人間の食料となる日も近いなと想像している。深刻な話ではない。竹を食べている鶏や豚を人間が食べているのだから、間接的に食べていることになる。
その青竹の微粉の使用がより一層成功したら、我々業界からも一肌脱ぐ人が出てくるだろう。私たちの扱っている材料の何百倍もの放置した竹が、生えているのだから。
私の生きている間に大成功を祈る。皆、期待しているだろう。

ああ……腹が減った……。


▲ページ先頭へ

商品 |  竹垣&現場施工 |  よもやま話 |  店舗 |  リンク