伊助のよもやま話


会長

門松

門松の由来
門松は、中国の唐の時代が始まりとされています。日本では、平安時代に始まり、室町時代には竹も添えられ、正月に使われるように大衆化したのは江戸から明治の頃とされています。
江戸時代以前は、庭に1本だけ立て、そこに神様が降りてくる時の目印だったと言われています。 また、現在の「竹と松を使った門松」は、戦国時代の松平家(後の徳川家)が考案し、松は松平家、竹は武田家を意味し、宿敵武田家の竹を松が取り囲むという意味も持っているとも伝えられています。

歳神
門松は、今では正月の飾りもののように思われていますが、元はといえば歳神(としがみ)の依代(よりしろ)といわれ、歳神が宿る安息所であり、また、神霊が下界に降りてくるときの目標物と考えられていました。
この歳神とは、別名を「お正月さま」、「若年さま」、「歳徳神」などとも呼ばれ、正月に家々に迎えられる神をいい、昔は白髪の福相の老人だと考えられ、今でも若者が白髪の老人に扮して、大晦目の夜、家々をまわって子供たちを訪れ、お年玉として餅を与える風習の残っている地方もあるということです。
歳神は、年棚(としだな)とか恵方棚(えほうだな)を新しく作って祭るのが普通です。神前には、神酒や鏡餅、白米、かち栗、干柿、昆布、するめ、海老などを供え、歳神に対する感謝の気持ちをあらわします。

門松の飾り方
門松は、正月の家々の門前に立てるもので「松飾り」、「飾り松」、「立て松」ともいいいます。関東では、丈の高い太い竹に松をそえたりしますし、関西では、松の枝または小さな若松を用いたりします。昔は、榊(さかき)、栗、柳なども用いられましたが、今でも地方によっては、栃、杉、楢、葛、椿、朴などを飾るところもあります。松は、昔から常に緑であり、おめでたい木とされており、鎌倉時代以後になって、松に竹を加えて門松とされるようになったとされています。

戦中・戦後には、森林資源の保護や濫伐による水害防止といったことから、門松の廃止論もささやかれ、その影響によるものか、現在では、あまりに豪華な門松を立てる家は少なくなってきました。
正式な門松は、竹を三本束ねて、まわりに松をあしらい、ムシロで包んで、荒縄で三ヶ所を七五三(下から七、五、三巻と筋目を見せる)に結び、雄松、雌松と対に立てます。最近では、こうした飾り方をする家庭は少なくなって、代わりに白紙を巻いた根松や松の小枝などを門柱やドアの脇の柱に取り付けたり、門松の写真を印刷したものを玄関ドアの両脇の柱に貼りつけたものなどが見うけられるようです。

門松の一夜飾りはしない
門松は、31日にするのを「一夜飾り」といって避ける習慣があります。正月は神様をお迎えしますので、1日だけでは、神様を迎える誠意が足りないということなのです。また、29日に立てるのは、「九松」といって「苦待つ」に通ずるということから嫌われています。
だいたい12月28日までに立てる家庭が多いようです。
なお、「松の内」が明けてから外すのが習いとなっています。



▲ページ先頭へ

商品 |  竹垣&現場施工 |  よもやま話 |  店舗 |  リンク